FXトレードスクール

FXで使う用語

FXや投機で使用される用語について説明します。

チャートとは何か、レートとは?
このような本当の初心者向けは他のサイト様にお任せしてよくある間違いやトレーダーがよく使う言葉を説明します。

ハイレバレッジ / 高レバレッジ / ハイレバ

FXのブログやFX雑誌などで高いレバレッジは危険ですと記載されているのをよく目にしませんか?

まず、レバレッジとは何でしょうか?

レバレッジ1倍なら10,000ドルを買うのに100万円が必要になります。
これがレバレッジ10倍なら10万円
レバレッジ25倍なら4万円が必要になります。

この必要になるお金を必要証拠金といいます。

「レバレッジが高くなると必要証拠金が少なくて済みます」

ただこれだけです。

レバレッジと損益には何の関係もありません。

では、レバレッジ1,000倍で1枚の取引とレバレッジ1倍で同じく1枚の取引を見てみましょう。

レバ1,000倍なら必要証拠金は  千円
レバ  1倍なら必要証拠金は100万円

1pip動いた場合の損益は両方共に100円です。

損益に関係するのはレバでは無く取引枚数です。

ロング / バイ / 買い / L  ショート / セル / 売り / S

買うことをロングした、Lした、買いを入れた。
売ることをショートした、Sした、売りを入れたなどと言います。

レジサポ

レジスタンス、サポート。
上値を抑えるのはレジスタンス、下値を支えるのがサポート。
レジられた、サポされたなどと言います。

ガラる / ガラ来る

ナイアガラの滝の如くレートが急降下する様をいいます。
ガラってるな~、ガラってくれたなどと言います。

飛ぶ(レートが)

相場が急変動した際に、ローソク足とローソク足の間が空く場合があります。
レート飛んだ、結構飛びましたねなどと言います。

スパイク

トゲのようにレートが上や下に急激に動いて元に戻ることがあります。
これは日銀の介入などが発生した後や介入前に見られる動きで偽物です。

バッドティック

週明けの月曜などに希に出る現象としてこれがあります。
実際には無いレートが表示されることがあります。

刈られる

損切りされること。
あ~ 今の上げで刈られましたなどと言います。

滑る

スリッページ。約定したレートとボタンをクリックした際のズレ。

スワポ

スワップポイント。金利です。
買いで日を跨げば金利が加算されます。
売るとマイナススワポで日を跨ぐと金利が差し引かれます。

 

他にも色々とありますが、トレーダーのスラング語です。

FXをはじめ投機には様々な専門用語があります。
トレーダー同士で会話していくうちに自然と覚えて行くと思います。