FXトレードスクール

FXのトレード方法の種類について

FXのトレードを行うには現在、大まかに2通りの方法があります。

1つ目は最近多くなってきた自動売買。

この自動売買プログラムは主にメタトレーダー用のソフトが多く、EA(エキスパート・アドバイザー)と呼ばれます。
最近は証券会社が自社で用意したEAを無料で提供している所もあります。

巷には数多のEAが発売されており、輝かしい成績が並べられています。
本当にその成績がこの先も続くのであればいいのですが、FXはそこまで甘くありません。

では、EAは全く使えないのか? と言えばそうではありません。

EAというのは万能ではありません。
よって相場状況に合わせてEAを換えたり止める、パラメーターを変更するなどの操作が不可欠です。
しかし、初心者の方はEAというのは放置して儲かると考えている場合が多いのと、そうした状況判断が必要であることは表立って書かれていません。

それをやって初めてEAは使えるようになるのです。
結局は人間が相場状況の判断を行わないとFXで利益を継続的に上げていくのは困難なのです。

2つ目は人間が取引を行う方法。

これは自分自身がトレードする方法と、他人に任せるという方法があり、ここでは他人がFX取引を行うものを見て行きます。

元ファンドマネージャー、FXで有名なあの人が、負け無しのスーパートレーダーが云々と絶対に負けそうにない肩書の方達が自分に代わってトレードしてくれるというものや、トレード配信という形のものがあります。
一見、絶対に儲かりそうに思いませんか?

儲からないから止めた方がいいですとはいいません。
ですが、少なくともそれを収入のメインに出来るでしょうか?
例えばそれの成績が良くなってきたので会社に辞表を提出して専業トレーダーになるという選択肢は考えられますか?

あくまでもサブの位置付け、ポートフォリオとして資金の一部を運用するというのが正しい使い方だと考えます。

FXに限らず、投資、投機というのは人任せでやるものではありません。